あおかみろんぐ

フィギュア撮ったりVTR乗ったりするブログ

ねんどろいど 志摩リン DX Ver.

f:id:aokami:20190413172741j:plain

ねんどろいど ゆるキャン△ 志摩リン DX Ver.」(2019年3月発売)

 

キャンツーガチ勢がねんどろいどから登場です。

DX Ver.では、ローチェア、ローテーブル、本、焚き火、テント、松ぼっくり、メタル賽銭箱、松ぼっくりセリフプレート2種が追加されています。

 

f:id:aokami:20190413173521j:plain f:id:aokami:20190413173551j:plain

全身
お団子が目を惹きます。

 

f:id:aokami:20190413174452j:plain

服装アップ
ダウンにはポケットらしきモールドがあります。
マフラーの前から垂れている部分は取り外し可能。帽子頭部用のマフラーがあり、そちらと共有します。最初ポッキリやっちゃったのかと思って焦ったゾ・・・。

 

f:id:aokami:20190413174418j:plain

表情差分1「通常顔」
なんか証明写真ぽい。

 

f:id:aokami:20190413175015j:plain

表情差分2「彼氏面微笑み顔」

 

f:id:aokami:20190413175250j:plain

表情差分3「嫌がり顔」
うぇぇ・・・って声が聞こえます。

 

f:id:aokami:20190413180131j:plain

紙製の「YAMAHA ビーノ」君
未組み立てです。

f:id:aokami:20190413180556j:plain

テントは「モンベル ムーンライト3」。
こちらも未開封。フレームも付属しています。

 

f:id:aokami:20190413180748j:plain

ずらっと小物達。
クッカーは「コールマン パックアウェイ」
僕もこれ使ってますが、注ぎ口あるし内部に目盛りがあるので非常に便利(雑レビュー)
バーナーは「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター」+「4本ゴトク」
テーブルは鹿番長こと「キャプテンスタッグ アルミロールテーブル」
イスは「エーライト メイフライチェア」
メタル賽銭箱もとい焚火台は「笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6」

ビーノ君は置いておくとして、テントとこれらの道具は定価だと7万超える模様。

 

f:id:aokami:20190413182520j:plain

クッカーの中には、リンちゃんお手製「スープパスタ」

 

f:id:aokami:20190413182647j:plain

SNS吹き出しプレート」
なでしこのやつ以上にピンポイント過ぎて使いどころが狭すぎる。

 

f:id:aokami:20190413183103j:plain

f:id:aokami:20190413183249j:plain

松ぼっくり用のセリフプレート2種類。

 

f:id:aokami:20190413183519j:plain

 

 

f:id:aokami:20190413183542j:plain

f:id:aokami:20190413183823j:plain

f:id:aokami:20190413185412j:plain

f:id:aokami:20190413184005j:plain

f:id:aokami:20190413183811j:plain

親しみのある小物がいっぱいで見てるだけで楽しいです。
まぁ僕のアウトドアギアの大半はパチモンか、パチモンのパチモンなので劣等感が付きまといますが。
SNSプレートのようなデフォルメしたような表情差分があれば「買っちった」ができたのになぁとか、紙じゃなくPVC製のビーノ君が欲しかったなぁとか、欲は尽きませんが、可愛くて良い感じ。

次は犬山さん家のあおいちゃんが発売予定となっています。波に乗って全員無事に揃うのか?ねんどろいどはつまみ食いが過ぎるので期待はできませんが、とりあえず震えて待ちます。

【VTR】(夜の)鹿島神宮 と かしま桜まつり

 藤岡さくら祭り(栃木県栃木市)

f:id:aokami:20190407220718j:plain

f:id:aokami:20190407220735j:plain

f:id:aokami:20190407220800j:plain

鹿島の桜綺麗でした!!(大嘘)

 

 

あらすじ

鹿島で…桜が…祭りで…満開で…?夜には…ライトアップ…?夜の…鹿島…満開………?

行 か な (決意)

 

 

ふれあいセンター湯楽々(ゆらら)

夜のライトアップを狙って馬鹿正直に夕方に家を出ると、悪名高き「三郷-流山の橋」でアヘアヘすることが容易に想像できたので、昼過ぎには橋を越えました。同じ過ちは繰り返させない(ガロード)
16時頃に鹿島近辺に到着。

 

f:id:aokami:20190407221406j:plain

駄目だっ!僕はこの文字を踏むことが出来ない!!(踏み絵)

 

f:id:aokami:20190407221534j:plain

日没までの時間調整のため『ふれあいセンター湯楽々』でひとっ風呂。
場所は、以前行った『ウィンドパワーかみす』の近くです。

aokamilong.hatenablog.com

 

露天風呂があるので、風車見ながら湯船に浸かれるのでは?と期待してたけどぉ…ダメでした(無情)
湯船の縁に立てば辛うじて見れる程度。
露天風呂自体も小さめ。内は、大きめの内湯、ジェットバス、打たせ湯の打たせるお湯が出てない湯、サウナ、水風呂。
お風呂以外に、多目的室や掲示板スペースがあったりして、「ふれあいセンター」という名称どおり、地域住民のための施設という色が強いですね。
周辺には神栖オートキャンプ場があるので、煤まみれになった身体を洗い流すのには良いと思います。
料金は¥510と安めです。
遠方からここの為に来る価値は…、ナオキです。
近くに来たらどうぞ。

 

 

鹿島神宮 -夜- 

ツーリング欲を持て余したKTDK兄貴が俺も混ぜてくれよぉと言うので鹿島神宮で待ち合わせ。
来るまで夜の鹿島神宮を探索。
御手洗池の駐車場に停めたので奥からスタート。

 

f:id:aokami:20190407222236j:plain

奥宮は閉まってました。

 

f:id:aokami:20190407222319j:plain

こちらは開いてる模様。
ちなみに社務所は改装中でした。

 

f:id:aokami:20190407222446j:plain

f:id:aokami:20190407222545j:plain

f:id:aokami:20190407222624j:plain

f:id:aokami:20190407223225j:plain

入口はポケモンGO勢が路駐&たむろしてた。
よりにもよって、そこに停めることないじゃない…?

戻ろうとしたら、奥宮の方に行くなら警備員に声かけろ看板が立ってました。
御手洗池の駐車場の方には、そういう看板なかったゾ…。
というか夜でも鳥居横の第一駐車場が普通に開いてましたわ。そういうの言ってくれないとさぁ!(逆ギレ)

人のバイクのキルスイッチを弄んだKTDK兄貴と合流し目的地へ。

 

 

かしま桜まつり -夜- 

f:id:aokami:20190407223520j:plain

会場は『鹿島城山公園』。3/29~4/10まで開催。ライトアップは21時まで。ただ、この日は大盛況だったらしく、21時半まで延長のアナウンスが流れてました。露店も出てた。

 

f:id:aokami:20190407223813j:plain

f:id:aokami:20190407223749j:plain

f:id:aokami:20190407223842j:plain

いかん…夜桜の撮り方分からん(まるで昼なら撮れるかのような言い回し)
WBガバガバで色調整してもなんか違う。
しかも駐車場から離れてるせいで、おバイクと一緒に撮れない。
赤 点 追 試 確 定。

ということで、この翌日に冒頭の藤岡さくら祭りへ行ったのでした(伏線回収)

 

 

かしま豚ァ!

f:id:aokami:20190407224159j:plain

今回のお土産枠。
鹿島のブランド豚肉『かしまし豚』です。"豚"の読みは"ブタ"ではなく"トン"でした。許して。感情が高まってしまったもので。
こちらは豚モモ肉。
いつものように、鹿島の特産品を取り扱う『コミュニティストアMIZUNO』で購入。

f:id:aokami:20190407224503j:plain

一口カツ用と書いてあったが、そのまま焼いても構わんのだろう?
シンプルかつ雑に塩コショウのみで味付け。

で、実食。

 

f:id:aokami:20190407224810j:plain

どちゃくそ美味い。
焼いてるとき脂が全然出なかったから、パサ付いてるのかと思いきや、肉の中にしっかり閉じ込められていました。しかもしつこくない。ひと手間加えたわけでもないのに、柔らかくってジューシー。

美味しいよ!鹿島さんのモモ肉美味しいよ!!(サイコパス)

 

かしまし豚は、ふるさと納税の返礼品でも入手可能です。
ただ、そのラインナップは、ロース切身、肩ロース生姜焼き用、ロースしゃぶしゃぶ用、バラ肉スライスの4種類です。

モモ肉が食べたいなら、取扱い飲食店かコミュニティストアMIZUNOへどうぞ。

 

 

ほなまた来月。

 

痛車天国2019

録り溜めアニメを無心で消費してたらAMD兄貴から「まず今日さぁ、痛天あるんだけど…」とお誘いを頂いたので「あ^〜、いいっすねぇ^〜」しました。

 

f:id:aokami:20190331211458j:plain

会場はお台場。現着は15時頃でした。
痛天は16時半までなので、割とスロウスタート(きらら)

 

f:id:aokami:20190331210716j:plain

当日券は¥1,500ですが、会場内の各ショップで¥500の金券として使えるので、実質¥1,000。しかし¥1,000で各オーナー様の愛情溢れる痛車を見れるのだからこれもう実質¥0です(断言)

 

で、カメラ片手に散策。

f:id:aokami:20190331211155j:plain

f:id:aokami:20190331211332j:plain

f:id:aokami:20190331211429j:plain

f:id:aokami:20190331211101j:plain

f:id:aokami:20190331211236j:plain

 

f:id:aokami:20190331211249j:plain

シャニマス系は、僕が見つけた限りだと、霧子1、樹里1、凛世2でした。アルストロメリアはどこ・・・ここ?

 

f:id:aokami:20190331211126j:plain

鹿島さんパンツ丸見えであーっいけません!!
新春病みツーで見たのとは別な気がする。たぶん。もうよく覚えてないんな・・・。

 

f:id:aokami:20190331211318j:plain

 

f:id:aokami:20190331211638j:plain

f:id:aokami:20190331211706j:plain

f:id:aokami:20190331211758j:plain

f:id:aokami:20190331212036j:plain

f:id:aokami:20190331211358j:plain

f:id:aokami:20190331212105j:plain

f:id:aokami:20190331212133j:plain

TP島。
自分のセンスがないので気が利いたこと言えないんだけど、みんなセンス良くて羨ましい。
わしもやりたいけどなーでもネイキッドだからなーとミサワぶってるとsono兄貴から「できるぞ」とCB400sfの痛車を見せられたので、逃げ場、無くなっちゃった(照れ)

 

全部写したいという思いと被写体大きいからいいかとF4~5くらいで撮ったけど、主張の強い痛者各位がどうしても背景に写るので、F2.8以下でボカさないとダメだと思いました。

しかし、こういうとこ行くとアルストロメリアのサインのカッティングシート作ったばっかだけど自分も何かやりたくなるんだからおもしれぇよなぁ。
ひとまず、タナックスミニシェルケースの反対側がまだ空いているので、それでなんかする(やるとは言っていない)

 

【VTR】大洗ソロキャン(2回目) 旧上岡小学校とファイアスタンド2

f:id:aokami:20190330095409j:plain

激しい自己嫌悪とお仕事ツライツライと友人に見放された三重苦から、自暴自キャンプしてきました。
場所はご存知『大洗キャンプ場』
予約無しでツッコめて、周辺設備も揃っているので、設営場所さえ確保できれば、あとは皆様のおもちゃです(断言)
 
 
 
 大洗キャンプ場

f:id:aokami:20190330095904j:plain

ここキャン。
 

f:id:aokami:20190330095927j:plain

設営していると、雨雲レーダーには写ってないのに何か降ってきた。

塩かな?(名推理)
などと痴呆かまして、スルーできるなら良かったのだが、その2時間後にはレーダーに写るレベルの雨雲がサッと来るらしく、避難兼、前回のソロキャンで断念した彼の地へいくゥ・・・。
 
 
 
 旧上岡小学校

f:id:aokami:20190330100229j:plain

劇場版ガルパンで登場した『旧上岡小学校』
上岡は“うわおか”って読むんですって。
 
地味に遠いんじゃ!
大洗キャンプ場からは、片道1時間半かかります。市街地を抜ければ信号は少なく、山の間の川沿いや線路沿いを通るので景観は悪くないんだけど、紅葉の時期は過ぎ去ったし、花も緑もまだ先なので、やっぱり微妙。
加えて、前述の通りアンニュイな天気なので割と寒くて寒かった(ボキャ貧)
 

f:id:aokami:20190330100512j:plain

正面玄関から入ると、目の前には、戦車不法投棄を聞いて大洗戦車道チームが駈け抜けた中央階段。
大丈夫だとは思うけど、結構軋むのでここを走り抜けるのは怖い。
 

f:id:aokami:20190330100846j:plain

f:id:aokami:20190330100853j:plain

階段を登った左には集会所。
正に「こじんまり」という印象。
蛍光灯剥き出しで窓も補強されてないので体育館としては使われなかったのかな?少なくとも球技はグラウンドか。
 

f:id:aokami:20190330100934j:plain

音楽室。
ピアノに置かれた色褪せた花で哀愁ジャンピングチャンス。
 

f:id:aokami:20190330101039j:plain

 

f:id:aokami:20190330101112j:plain

一階に戻り、職員室。
この写真の中央に放送室がありました。

 

f:id:aokami:20190330101323j:plain

結構狭くて、大人ひとり分ってレベル。
逆に小学生ならこれぐらいがちょうどいいのか。
 

f:id:aokami:20190330101416j:plain

校長室。
 

f:id:aokami:20190330101441j:plain

低学年の教室。
なんかもう全部小さい。
 

f:id:aokami:20190330101527j:plain

定時14:30かぁ、いいなぁ…(本音)
 

f:id:aokami:20190330101632j:plain

高学年?の教室。
自分の小学生時代は、このタイプの机と椅子だったので素直に懐かしい気持ちになりました。むしろ1周回ってつらい。
 

f:id:aokami:20190330101700j:plain

授業参観目線。
 

f:id:aokami:20190330101831j:plain

外に出て、飼育小屋へ。

 

f:id:aokami:20190330102107j:plain

校舎と比べると放置っぷりが顕著。
ここで年頃の女子がキュウリ片手にやさぐれてるって相当キテるでしょ…。
 
同校舎内に「日渡食堂」という食事処がありました。最近できたとのこと。¥600で食えるらしい。近辺にそういった施設はないので良いと思った。
でも、あるの知らなかったから、道の駅常陸大宮で昼飯食べちゃったんだよなぁ…。
受付のボランティアさんに、今度来たときは食べさせてもらいます^^とは言ったけど、いかんせん遠いからなぁ…まぁ機会があれば是非。

周辺には、袋田の滝とか温泉とか魅力的なスポットがあります。
めっちゃ行きたかったけど、そっちも行ったらキャンプ場に戻るのが日暮れになりそうなので苦渋のスルー。
 
 
 
 UNIFLAME ファイアスタンド2 と LOGOS 焚き火台シート
大洗市街に戻り、お買い物したら、開封の儀。

f:id:aokami:20190330102603j:plain

『UNIFLAME ファイアスタンド2』
収納状態は横幅57cmくらい。
 

f:id:aokami:20190330102659j:plain

内容物
網と支柱のみ。
 
組立は支柱を展開して網を乗せておしまい。

f:id:aokami:20190330102745j:plain

展開すると、40×40×30cm。
収納時は網を丸めるので、そのまま組立ると網が凸型になってしまい薪が落ちてしまうので、逆側に丸めて凹型にしましょうねー。
 
 

f:id:aokami:20190330102914j:plain

一緒に買った『LOGOS 焚き火台シート』
大地を守護(まも)るやつ。
ファイアスタンドは見ての通り、灰が下に落ちるので、こういったフォローは大事だよね(良識)
 
耐熱温度は約500℃。広げると80×60cmになります。
 

f:id:aokami:20190330103320j:plain

諸々配置するとこんな具合。
焚き火するぞって気分になりますねぇ!

 

f:id:aokami:20190330103346j:plain

着火。
大洗のD2で売ってる薪は小細工しなくても燃えるから好き。

遮るものがないので、空気を取り込みやすく良く燃えます。一方で、灰の受け皿がないため、網に詰まってしまい、終盤から勢いが落ちるらしい。
最初にいっぱい燃やしちゃって、途中からチビチビやるようにしちゃったので、よく分かんなかったっすね(痴呆)
薪もう一個買っときゃよかった。

f:id:aokami:20190330103444j:plain

ついでに翌日の鎮火後の状態。
燃え残りがあるってことは、やっぱり網が詰まって空気が上手く入らなかったってことかしら?
 

f:id:aokami:20190330103509j:plain

きったね(辛辣)
これだけ灰が落ちてるのを見ると、シート買ってよかったーって思うわけ。
でもこのサイズでは、ファイアスタンドの構造もあり、残念ながら完全に守護り切るのは難しい。
それでも無いよりはマシ。
あとシートを使う利点として、点火後に焚き火台を動かすことができます。
無論、危険が伴うので自己責任でどうぞ。

 
 
火遊びとか飯とか

f:id:aokami:20190330103802j:plain

f:id:aokami:20190330103810j:plain

f:id:aokami:20190330103939j:plain

f:id:aokami:20190330103948j:plain

f:id:aokami:20190330104008j:plain

ガリガリに削れたメンタルはシャニマスで回復しました(断言)
今回のイベコミュは(も)本当に素晴らしかったので、是非とも読んで頂きたい。
イベカードのコミュもこれまた良いんだ…。良いんだよ(強調)
『PiCNiC BASKET!』は3/31までなのでお見逃しないように。
 
 

f:id:aokami:20190330104456j:plain

翌日。

寝袋暖かいのと疲れからか7時半まで熟睡してました。
アイマスクと耳栓は強い(確信)

 

f:id:aokami:20190330104549j:plain

f:id:aokami:20190330104606j:plain

ささっと朝飯食って、パパッと片付けて、磯前神社行って、潮騒の湯に行って帰宅。
 
 

3月だし暖かいでしょ?と慢心装備で行ったらアンニュイ天気も相まって普通に寒かったでござる。入れっぱなしにしてたホッカイロが無かったら即死だった。
念願の焚き火台も仕入れたので、キャンツー装備は、これにて完結です。

まあ次は薪割りしたくなるって相場が決まってんだけどね。


しかし、ちょっと冷静沈着…沈着冷静に考えると、僕はアルストロメリアと一夜を共にしてしまったのでは…?(天地明察)
やばあるな。

 

TANAXミニシェルケースにシャニマスサインカッティングシートを貼った話

最近twitterを見てるとぉ、痛車の写真がいっぱい流れて来ててぇ、そういえば新春病みツーで限界迎えてたときにぃ、鹿島さんの痛車見かけて盛り返したことがあってぇ、自分も誰かにそういうことができたらいいなって思ったんですけどぉ(建前)、VTRにステッカー貼る場所なんてないからぁ、じゃあ、ミニシェルケースに貼ればいいじゃんってぇ(犯行動機)

 

 

 ほんへ

f:id:aokami:20190322233709j:plain

用意したのは、デザインナイフ、下敷き、カッティングシート、マスキングテープ、爪楊枝、シールにしたいイラスト。

カッティングシートはホムセンで購入。一応屋外もOKって書いてあった。1つ¥200くらい。10×23cmでアプリケーションシート付き。

 

f:id:aokami:20190322233733j:plain

シールにするのは、アルストロメリアのサイン
素材はネットから調達。
白黒化&サイズ調整して、コンビニで印刷。
カッティングシートにマスキングテープで貼り付けたら、あとはひたすら切る。

 

f:id:aokami:20190322234159j:plain

シャニマスのサインは虹色でフチ取りされています。印刷時のサイズによりますが、そのままフチの内側を基準にして切り出すと、細い部分でやらかす恐れが非常にあります。
千雪さんのサインだと、"C"と"h"の間とクマの目が危険ポイント。
フチの中にカッターを入れるくらいでやると強度を保てるかと。当たり前ですが、線が太くなってしまうので、用途や自身の手先に応じて、見栄えを取るか強度を取るか、お好きにどうぞ。

 

f:id:aokami:20190322234142j:plain

裏のシール台座まで切らないように注意。みたいな話をよく耳にしていたので、めーちゃ☆気を付けた結果、ちゃんと切れてないという事態に。
なので、爪楊枝でミゾ沿って(型抜き感)、周りのいらない部分を剥がすときに一緒に持ってかれないよう爪楊枝の反対側で抑えたりなど致しました。

 

f:id:aokami:20190322234234j:plain

なんやかんやで、ロゴと3人分のサインを切り出して終了。
初見さんなので、3,4時間くらい掛かりました。
なお、変に力入ってたようで、翌日寝違えたみたいに右肩から首にかけて痛くなった模様(虚弱体質)

 

で、アプリケーションシート使って、ミニシェルケースにパパッと貼り付けて、完成!!

 

f:id:aokami:20190322234351j:plain

処女作にしてはそれなりにいいんじゃないかな(自画自賛)
線ガタガタだけど、遠目に見ればいけるでしょ。

サイズ感ミスって、3人のサインの真ん中にロゴ貼れなかったけどな!

f:id:aokami:20190322234413j:plain

 

 

さっそくVTRに取り付けて、撮影。

f:id:aokami:20190322234527j:plain

f:id:aokami:20190322234630j:plain

f:id:aokami:20190322234656j:plain

幸 福 論 誕 生
アイデンティティー見つけた!!)

 

ということで、これからのキャンツーorロンツーはアルストロメリアと走ります。
やったぜ。

 

 

銀一 シルクグレーカードVer.2 と 至近距離レフ板

 銀一 シルクグレーカードVer.2

f:id:aokami:20190317113118j:plain

正しいWBというものに興味があって買ってみました。
お値段は¥2,000くらい。Nikonや中華製のものであれば、この半値以下で買えます。
敢えてこれを選んだのは、店頭で見かけて衝動買いしただけなので何も意図は無い。無いんだなこれが。

 

f:id:aokami:20190317113921j:plain

表面は、18%グレー、シルクスクリーン印刷。
裏面は、ライトグレー(反射率約50%)、シルクスクリーン印刷。
A4サイズで、これが2枚入っています。

 

本体は非常に傷が付き易いです。
ということで、ネットで見かけた先人の知恵をパクる。

f:id:aokami:20190317114128j:plain

100均の名刺ケースに、良い感じに切り取ったグレーカードを貼り付けて完成。
ヨシッ!と思ったけど、室内でいつも同じ環境で撮るなら、こうする必要はないのでは?

 

使い方は、測光モードをスポット測光にして、WB-プリセットマニュアルで、WBを取得します。取得したWBは「PRE」を選択することで使用可能。
この辺りの設定は、メーカーによって差異があるので詳しくは公式HPへどうぞ。

 

ということで撮影。
WBは上から、AUTO、18%グレー(PRE)、ライトグレー(PRE)。

f:id:aokami:20190317115915j:plain
f:id:aokami:20190317115948j:plain
f:id:aokami:20190317120004j:plain
NIKON D5200 | TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD | 3sec | f10 | ISO400

撮影スペースのある部屋は、天井は薄い色の木目調で壁がベージュ色です。
そのためか、AUTOで撮ると少々赤み掛かります。
18%グレーで撮ると、その赤みが抑えられ、白がより白っぽく表現できるようになりました。
ライトグレーだと逆に青み掛かってしまいました。
WB取得時にグレーカードの角度を微妙に変えたりすると、緑っぽくなったりもするので、1回撮って確認しといた方が無難。

 

ということで18%グレーええやん!と思い、他のフィギュアでさらに撮影。

 

上がAUTO。下が18%グレーです。

f:id:aokami:20190317123556j:plain
f:id:aokami:20190317123605j:plain
NIKON D5200 | TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD | 2sec | f8 | ISO400


f:id:aokami:20190317123722j:plain
f:id:aokami:20190317123734j:plain
NIKON D5200 | TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD | 0.77sec | f5.6 | ISO400

 

ブレードライガーに関しては特にコメント無いけど、問題は愛馬(凶暴)さん。
AUTOと比較すると、赤みが抑えられているので、赤が主体のチェストブレイクだとちょっと物足りない感じがする。
この場合、レビュー写真ならグレー18%。イメージショットのボカしドアップとかならAUTOか?
赤だけAUTOから持ってきたいけど、そういうのもLightroom課金すればできるのかしら?(無知)
まぁ結局個々人の好みなので、明確な正解なんてないんですけどね、初見さん。

 

 

 至近距離レフ板

用意するもの:
 画用紙(白)、カッター、コンパス(一回り大きいレンズキャップでも可)

f:id:aokami:20190317125244j:plain

画用紙二つ折りにして、円書いて、切って完成。以上!

 

で、これをレンズに通して使います。

f:id:aokami:20190317125808j:plain

 

ほんで、撮影。
上がレフ無し、下がレフ有り。

f:id:aokami:20190317130119j:plain
f:id:aokami:20190317130129j:plain
NIKON D5200 | TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD | 2sec | f4 | ISO100

 

f:id:aokami:20190317130709j:plain
f:id:aokami:20190317130718j:plain
NIKON D5200 | TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD | 1/5sec | f1.8 | ISO400

 

髪でご尊顔に影が差していましたが、レフ板で光が入って良い感じになりました。
一方で、光が入るということは影が弱まり、立体感が薄れます。
脇のやつに関してはレフ無しの方がいいと思う。
要は、光と影、どちらを取るのか?(溢れる厨二感)って話しやね。

あとこのレフ板は、焦点距離が短いやつじゃないと意味がないです。
接写によってストロボ使うとレンズの影が出来る、通常のレフ板では光が当てられないといった時に、光を当てるものです。
90mmとか使うならストロボや普通のレフ板を使った方が良いと思う。

もっと言うとこれも「穴あきレフ板」みたいな名前で、ちゃんとしたやつが売ってるのでご興味ある方はググれ。

 

 

 まとめ

フィギュア撮影は楽しいZOY!

 

【VTR】鹿島鉄道 -廃線から12年の痕跡を辿る-

[注意]筆者は鉄オタでは無いので、誤情報、誤名称を含む可能性があります。許してください!!お願いします!!なんでもしまかぜ!!

 

 練習巡洋艦鹿島による「鹿島鉄道」について

f:id:aokami:20190310121803j:plain

 

お話します


提督さん

鹿島鉄道って

知ってますか?


鹿島鉄道というのはね

 

たとえば

 

JR常磐線石岡駅から

鉾田駅を結ぶ(※1)

全長27キロの民営鉄道とか


あるいは

 

経営悪化により

2007年3月31日に廃線(※2)

 

といったことを

 

鹿島鉄道というんですよ

 

 

 

 小川高校下

いきなり石岡駅から8駅先の小川高校下駅」へ。
始点の石岡駅は、駅は再開発により、鹿島鉄道の面影は無さそうなのでスルー。
石岡駅寄りの一部の路線跡地は、バス専用の道として整備されたようですが、バス専用でおバイクできないのでスルー。

 

f:id:aokami:20190310130610j:plain

壁面のイラストは、小川高校生徒が鹿島鉄道存続を願って書いたものだそうです。
その小川高校は、2013年3月31日で閉校となりました。
鹿島鉄道廃線が要因のひとつだったかは分かりませんが、「かしてつ」の略称で生徒達に親しまれていたようです。

 

f:id:aokami:20190310124240j:plain

f:id:aokami:20190310124536j:plain

f:id:aokami:20190310125631j:plain

f:id:aokami:20190310125640j:plain

レールは取り払われて、草が生い茂りつつあります。
廃線から12年経った駅舎は、蛍光灯が落ちかけおり、特に整備されている様子は無さそう。今はまだ大丈夫そうですが、ゆくゆくは安全面の問題から解体されるのだろうか。おセンチな気分になっちゃう。

 

f:id:aokami:20190310132443j:plain

f:id:aokami:20190310133905j:plain



 

 キハ432(はるるの郷)

小川高校下駅からはバイクで1分程度。
介護事業所"はるるの郷"の裏手に、鹿島鉄道で使用された「キハ432」が置かれています。

 

f:id:aokami:20190310134726j:plain

f:id:aokami:20190310134746j:plain

f:id:aokami:20190310134950j:plain

移設時に外装はリペイントしたらしいです。
こちらは、1973年から2007年まで、鹿島鉄道を長きに渡り支えた車両です。
"関係者以外立ち入り禁止"ではありますが、ここまで近くで見せてもらえるのは、ありがたい。
と、撮影していると、はるるの郷職員のお姉さんが中も見ますか?と声を掛けてくれたので、喰い気味に、いいんですか!?オナシャス!!しました(照れ)

 

f:id:aokami:20190310140422j:plain

f:id:aokami:20190310140602j:plain

掃除してないから汚いと言ってたけど、こういうのはそれぐらいがちょうど良いでしょ(王者の風格)
長机とモニターが置かれてままになっていました。
何かイベントが行なわれたときは、ここで鹿島鉄道のDVDを流したりするのでしょう。

 

f:id:aokami:20190310141322j:plain

車掌室は流石に立ち入り禁止。

 

f:id:aokami:20190310141416j:plain

始点の石岡から、終点の鉾田まで乗ると¥1,080。
こちらは上りの運賃表で、反対側には下りのものがありました。

 

f:id:aokami:20190310141711j:plain

f:id:aokami:20190310141722j:plain

鹿島鉄道ワンマン運転のため、駅に改札は無く、バスのように整理券を取り下車時に料金を払います。

 

f:id:aokami:20190310141035j:plain

f:id:aokami:20190310141249j:plain

f:id:aokami:20190310141307j:plain

中見れるとは思わなかったので、素直に感動。
板張りの床って良いね。ほぼ当時のままと思われる非常に趣きのある内装で撮ってて楽しかった。

職員のお姉さん、本当にありがとうございました(良識)

 

 

 

 坂戸駅

続いて、小川高校下駅から下り方向に8駅先、終点鉾田駅の1つ手前の坂戸駅へ。
小川高校下駅からはバイクで25分程度。

 

f:id:aokami:20190310144226j:plain

事前にネットで見た感じだと、トンでもない森の中にあるのかと思いましたが、住宅が立ち並ぶ中の路地を入ったところにあるトンでもないところでした。車で入るのはやめたほうが無難。というか入れない狭さ。

 

f:id:aokami:20190310144821j:plain

f:id:aokami:20190310145229j:plain

竹やぶに囲まれたおかげで、日差しが当たらずそこまで朽ちてはいない印象。

 

f:id:aokami:20190310145455j:plain

坂戸駅から下り方面。
草木が生い茂り、進行は厳しい。

 

f:id:aokami:20190310145711j:plain

 

 

 鉾田駅

 鹿島鉄道の終点「鉾田駅」へ。バス営業所の裏手のあります。

 

f:id:aokami:20190310150215j:plain

小川高校駅下駅や坂戸駅と比べると、プラットホームがあるだけで、駅としての痕跡はとても薄い。
行くと実感しますが、地元民や近隣の会社員以外は、こんなとこで下ろされても・・・(困惑)感が強い。

 

f:id:aokami:20190310151018j:plain

 

 

 

 KR505とキハ601(ほっとパーク鉾田)

プール、温泉、トレーニングルームを兼ね備えた複合施設です。
その駐車場に2台の車両が向かい合わせで置かれています。

 

f:id:aokami:20190310151438j:plain

f:id:aokami:20190310151524j:plain

手前の"鉾田駅"や、奥の"ほこた"の看板は実際に使われていたものを持ってきたらしい。

と、撮影していると、中で作業中のおじさまが、中も見ます?ヘルメット被るなら入ってもいいよ?と声を掛けてくれたので、喰い気味に、いいんですか!?オナシャス!!しました(2度目)

 

f:id:aokami:20190310152423j:plain

こちらは「KR505」
1992年に現:新潟トランシスで製造され、廃線まで16年の間、主力車両として活躍したそうです。

 

f:id:aokami:20190310152948j:plain

もう片方は「キハ601」
1965年に鹿島鉄道に移され、廃線まで走り続けたロートル。製造自体は1936年で、構造が古いため、勾配のきつい坂や左右の揺れに弱かった模様。

 

f:id:aokami:20190310153524j:plain

f:id:aokami:20190310153546j:plain

f:id:aokami:20190310151805j:plain

鉾田駅保存会によって定期的に車両公開が開催されているようです。
今回、声を掛けてくれた作業員の方も、3月末のイベントに向けてたまたま準備をしていたようです。
イベントの際には車内見学もでき、各種企画も実施されるようなので、興味のある方はどうぞ。

 

この後、温泉にも入りました。
¥850でした。「とっぷさんて大洋」と同様に黒湯。あちらと比べると景色は、・・・ナオキです。しかし、寝湯、炭酸泉もあるので風呂の種類はこちらが上ですね。

 

 

 鹿島に至らない鹿島鉄道

ようやく"※"の解説

※1:そもそもは石岡駅から鹿島神宮に至る鉄道を作ろうとしたのが始まり。1924年の開業当時は石岡から常陸小川まで。年々区間を延ばしていったが、鹿島神宮までの予算は無く、そのまま横へ延ばし"大洗-鉾田-息栖"の縦ラインに繋げる計画に移行。1929年に鉾田へ繋がり、終点となった。

※2:1965年以降、自動車の普及により収益が悪化。その後の主な収入源は、航空自衛隊百里基地へのジェット燃料輸送、学生の通学だったが、ジェット燃料輸送は2002年に廃止。2005年のつくばエクスプレス開業がトドメとなった。

 

各所で見かけましたが、臨海大洗鹿島線新鉾田駅に繋ぐことはできなかったのか?という疑問が残ります。発起当初の鹿島神宮へ繋ぐという計画を間接的に叶えられたはずだし、サッカースタジアムへ向かう人達の足にも成り得たはず。
どうして・・・どうして・・・?

 

今回、優しい方々のおかげで、普段見れない中まで見せていただきました。ありがとうございました。
特別というわけではなく、誰でもお願いすれば大丈夫そうです。過激な撮り鉄さんが無茶してやらかすぐらいなら、絶対禁止にしない方が逆に良いということかもしれない。むしろ、やらかす系に見えたから、向こうから声を掛けてくれたのかもしれない・・・?
うーん・・・。

 

 


 蛇足
その後、51号線に乗り、南下。

f:id:aokami:20190310161540j:plain

「魚吉食堂」さんで、"カツオ刺し定食"(¥1,000)をいただきました。普通に美味しかった(小並)
また行きます。次は"鹿島ダコ刺し定食"食べます(先制攻撃)

 

この後、鹿島神宮に寄って、マンスリー達成で終了。

f:id:aokami:20190310162245j:plain