あおかみろんぐ

フィギュア撮ったりVTR乗ったりするブログ

【VTR】内浦山県民の森キャンツー ~冬キャン~

f:id:aokami:20181125151303j:plain

初めての冬キャンはA勝利

 

 

11/23,24に千葉県鴨川市にある『内浦山県民の森キャンプ場』へ行って来ました。
ケツデカライダーズハウスでKTDK兄貴と合流後、市川市のコンビニでAMD兄貴と合流。

 

 

f:id:aokami:20181125150923j:plain

キャンツーだってのに、キャンプ装備忘れたってマジ?

under-rim.hatenablog.com

 

 

市川市のコンビニからのルートはこんな感じ↓

初めて房総半島を縦断したけど、信号皆無で道もちゃんと舗装されているので、とても走りやすかった 。ライダーが千葉に行く理由が分かった。千葉・・・いいな・・・。

 

 

魚屋食堂 勝浦

f:id:aokami:20181125154813j:plain

道中、『魚屋食堂 勝浦』で「漁師の海鮮丼(¥1,620)」を頂きました。
海老は確定で、その他は本日オススメの魚が乗ってます。普通に美味しかった(ボキャ貧)

 

 

内浦山県民の森

f:id:aokami:20181125155511j:plain

なんやかんやで、『内浦山県民の森』到着。

総合センターで受付後、オートキャンプ場へ移動。

オートキャンプ場へは結構急な坂を登るし、キャンプ場利用者が歩いてたりするので、ちょい注意。

 

 

f:id:aokami:20181125160859j:plain

ここキャン

 

荷物下ろして設営して、買出しへ。薪はキャンプ場で購入可能(¥540)。なので食材求めて鴨川市ベイシアへ。キャンプ場からは30分かかります。

キャンプ場周辺は、スーパーどころかコンビニすら皆無。この辺りの人はどこで買い物してるの・・・?

 

買い物後、AMD兄貴とはここでお別れ。彼はこれから家キャンですって。

 

 

f:id:aokami:20181125163645j:plain

キャンプ場に戻り、諸々準備。

 

で、

f:id:aokami:20181125164128j:plain

 

f:id:aokami:20181125164100j:plain

優勝。

 

 

さて、一品タイム。

f:id:aokami:20181125164330j:plain

KTDK兄貴特製"ケツデカレー"。

小麦粉を煎ったりカレー粉を使用する本格カレー。角が立ってるというか荒々しい感じのスパイシーさ。この感じは市販ルーでは味わえないっすねぇ。うん、OC!

 

 

f:id:aokami:20181125165424j:plain

対する僕からは、枝豆のアヒージョ。

材料は、冷凍塩枝豆、オリーブオイル、にんにく、七味。
ホントは鷹の爪使うところだけど家に無かったので、七味で代用(安定のガバ)
端をハサミで切って、味が染みやすいようにしたけど、浸るほどオリーブオイル入れなかったので意味無かったなぁ。
皮しゃぶりながら食べると良い感じでした。

 

しかしあんまり手の込んだ料理すると、肉焼くタイミング難しくなってしまうんな・・・。

 

 

f:id:aokami:20181125171139j:plain

寒くなってきて逃げるようにテントINして21時就寝。

 

 

f:id:aokami:20181125171246j:plain

翌朝。

 

f:id:aokami:20181125171620j:plain

小雨降りました?ってぐらい結露でビショビショなVTR氏(サービスショット)

 

 

f:id:aokami:20181125171828j:plain

エアーマットの実地運用しました。

aokamilong.hatenablog.com

 

反省を踏まえて、空気量を85%くらいにしました。
ある程度沈み込むようになったので、懸案だったマットからのズリ落ちは発生しませんでした。また枕の吹っ飛びは、上の画像の通り、マットの縦幅テントいっぱいで、枕がそもそも吹っ飛ぶスペースが無かった。
21時就寝から6時起床で、間3回くらいうつらうつらしながら寝返りしたような気がする。でも今までで一番良く眠れました。
アイマスクを導入したことも大きかったとは思う。今後はこれを使っていこうと思います。

  

今回、スペース微妙と聞いてタープを持って行きませんでしたが、余裕で張れそうでしたねぇ。タープがあれば夜の寒さに負けなかったんだよなぁ。

寝袋の中で足先が寒かったので、ホッカイロとか入れておけば良かった。

 

ガチガチ震えることは無かったけど、寒さ対策をもう少し頑張りましょうという感じでした。

 

 

内浦山県民の森オートキャンプ場の総評は、"良い"ですね。

 ●良いところ
・ゴミ捨て場がある
・良くも悪くも予約制&チェックイン13:00なので、必要以上に早起きしなくていい。
・キャンプ場直売の薪がちゃんと乾燥しており、薪割りしなくても燃えやすい。
・地面が密度のある土で、ペグ打ちしやすい。
・使用しませんでしたが、総合センターで入浴可能(¥400)(16:30~21:00)

 ●悪いところ
・近くにスーパーが無い(片道30分)
・トイレが雰囲気ある↓

f:id:aokami:20181125180634j:plain

この建物の奥にトイレがあります。
和式2つ。小が6つくらいありましたがいくつか不使用になってました。
老朽化により、こちらのトイレは2021年4月1日から使えなくなるようです。
以降は、総合センターか中央駐車場のトイレを使えとの事。
中央駐車場のは未使用のため詳細不明。
総合センターのは、和式1洋式1で洋式はウォシュレット付きだった気がする。建物内なので綺麗ですが、22時で閉館らしい。
いずれにしても、2021年4月1日からはオートキャンプ場からトイレが遠くなります。尿意便意感じたら、早めに行った方が無難。

 

その他、オートキャンプ場の概要は↓を参照。

f:id:aokami:20181125174755j:plain

f:id:aokami:20181125174807j:plain

今回使用したNo2なら、ソロキャンテント3つは張れそうでした。

肝心の料金は、¥4,015(ゴミ処理費¥215含む)です。

 

 

f:id:aokami:20181125174030j:plain

で、帰宅。

 

 

以下、帰宅ダイジェスト。

 

 

勝浦ダム

f:id:aokami:20181125182407j:plain

f:id:aokami:20181125182556j:plain

f:id:aokami:20181125182607j:plain

 

 

ごりやくの湯

f:id:aokami:20181125183627j:plain

内湯1外湯1。
脱衣所も内湯も外湯もサウナも狭かったけど、内湯と外湯の雰囲気は好き。
入浴料は¥1,050

 

秋元牧場

f:id:aokami:20181125184430j:plain

駐車場そばにある食堂で、アイスクリーム(¥200)をいただきました。
氷粒入っていてヒエヒエ。ミルク感は薄めだけど美味しいのでヨシ!

 

牛とか馬の写真はピントボケ、被写体ブレで全滅です。

 

 

その後、帰路でがっつり渋滞に嵌りました。千葉嫌い(手の平クルー)