あおかみろんぐ

フィギュア撮ったりVTR乗ったりするブログ

FLYFLYGO タープ と Sutekus ポール

前回のソロキャンでタープが欲しいと思ったので買いました(池沼)

なので、浅くレビュー。

 

 

FLYFLYGO タープ(3*3m)

f:id:aokami:20180923213644j:plain

いわゆる中華タープです。ポール無し版で、お値段は¥3,699。カーキ色にしました。

一度開封&展開してしまったので、崩れています・・・。

ロープは6本あります。銀色の糸が点線状に織り込まれていて、光を当てると反射するようになっていました。

 

f:id:aokami:20180923214615j:plain

グレーの袋にはペグが2種類。それぞれ6本。

どちらも非常に軽く、たぶんアルミ製。固い地面だと曲がりそう。

 

f:id:aokami:20180923215110j:plain

Y字のペグには"FLYFLYGO"の印字

 

f:id:aokami:20180923220547j:plain

タープ本体はポリエステル。形は3*3mの正方形です。

ポールを通す部分には金具。

 

f:id:aokami:20180923221335j:plain

二重構造で、裏面は銀色シートです。日光を通しにくくなっています。

テンションがかかる部分は補強されているようで、色が違います。

 

パッと見、ちゃんと作られていて問題なさそう。

 

 

Sutekus ポール

f:id:aokami:20180923222625j:plain

続いて、ポール。お値段は¥1,280。色はグレーにしました。

内容は、先端パーツ×2、脚部パーツ×2、延長パーツ×8。

一本のサイズは、43cm。接続部分は5cmあります。

5つ分接続して使用するのが基本。この場合、全長は195cm。先端部分はタープの穴に通すので、実質190cm。

状況に応じて使用パーツを少なくしてもOK。6つで一本のポールとかも可能ですが、公式非推奨。

材質はスチール。

 

f:id:aokami:20180923224353j:plain

先端アップ。

 

f:id:aokami:20180923224402j:plain

脚部アップ。

 

 

 

で、

 

これらの設置テストをするため、KTDK兄貴を拉致し、利根川ゆうゆう公園に。

労働の喜び感じるんでしたよね?

 

f:id:aokami:20180923224451j:plain

なんとかなるでしょと、やり方やコツを碌に調べずにグダグダしながらおっ立てた処女タープがこちら。

ハリが甘くて中央が垂れてるけど、こんな感じでいいんでしょ(適当)

 

f:id:aokami:20180923230223j:plain

f:id:aokami:20180923230523j:plain

ロープ6本、ポール2本で立てる場合は、四隅を使用して、対角線上にロープ2本、ロープ1本で、ロープ2本のところにポールを立てるのが正解らしい。

 

ソロで組み立てる場合は、先にロープを結びつけてペグを打っておき、最後にポールを立てる流れらしい。難しい・・・難しくない?

 

 

というわけで、次回はキャンプ回。

生きてて良かったって思うわけ(遠い目)